米国 資産購入ペースの維持決定、今後は減額と増額の両睨みへ(13年4月30日、5月1日FOMC) ~労働市場だけでなくインフレ見通しの変化に応じて購入ペースを増減する方針~

桂畑 誠治

PDFのみでご提供させていただいております。
桂畑 誠治

かつらはた せいじ

経済調査部 主任エコノミスト
担当: 米国経済

執筆者の最新レポート

関連記事

関連テーマ

Recommend

おすすめレポート