ご挨拶

代表取締役社長 丸野孝一

 第一生命経済研究所は、第一生命グループの情報発信・政策提言・コンサルティング機能の充実を図ることを目的として1997年4月に設立されました。2002年10月には、先行して設立され生活関連の“5つのK“(経済・健康・教育・家族・心など)を調査研究分野とするライフデザイン研究所(1988年9月設立)と合併し、経済と生活、マクロとミクロをカバーするユニークな研究所を目指して活動しております。さらに2009年4月には第一生命ウェルライフサポート(1998年4月設立)と合併し、健康・医療・介護に係る情報発信機能の強化を図りました。

 調査研究領域は、マクロ経済・金融、保険・年金、デジタルトランスフォーメーション(DX)に関する市場動向および生活保障、福祉、人口問題等に加え、ライフデザインに関するさまざまな分野に広がっております。当研究所は生保系シンクタンクとしての特長を生かし、長期的な視野に立って、VUCA(変動性・不確実性・複雑性・曖昧性を現すVolatility、Uncertainty、Complexity、Ambiguityの頭文字をとった言葉)と言われる激動の時代に、お客様が持続的社会に向かうための羅針盤となれるよう、情報発信に努めてまいります。
 また、人生100年時代に向け第一生命グループの目指す新たなビジョン「Protect and improve the well-being of all(すべての人々の幸せを守り、高める)」に併せ、「お客さまの幸せの実現」と「社会課題解決」に寄与する調査・研究を行ってまいります。

 これら調査・研究内容の情報発信と同時に、企業等の皆さまにはセミナー事業の形で研究成果をご提供しております。従業員の皆様からは一生涯の健康増進/資産形成・承継/キャリアデザイン等に対する情報支援ニーズが年々高まっております。当研究所では、3つの人生資産である「健康(ヘルスデザイン)」、「お金(マネーデザイン)」、「つながり(キャリアデザイン、タイムデザイン)」を組み合わせた独自の「ライフデザインセミナー」を提供しております。

 今後とも、経済・社会を取巻く環境変化へ迅速かつ的確に対応し、お客様にわかりやすい情報の継続的な発信と、一人ひとりのライフデザインに寄り添ったセミナー事業の運営に一層、努力してまいります。

代表取締役社長丸野孝一