押し並べて強いPMI

~複数の尺度が過去最高 物価上昇には注意~

藤代 宏一

目次
  • 日経平均は先行き12ヶ月30,000程度で推移するだろう。
  • USD/JPYは先行き12ヶ月105程度で推移するだろう。
  • 日銀は、現在のYCCを長期にわたって維持するだろう。
  • FEDは、2022年に資産購入の減額を開始するだろう。

金融市場

  • 前日の米国株は下落。NYダウは(▲0.0%)、S&P500は(▲0.5%)、NASDAQは(▲2.0%)で引け。朝方は上昇して推移するも、四半期末のリバランス売りもあってか引けにかけて下落した。VIXは21.2へと上昇。社債市場はIG債(投資適格)が概ね横ばい、HY債(投機的格付)は堅調。
  • 米金利カーブはブル・フラット化。5年債入札を通過した安心感もあり金利低下。四半期末の買い需要もあったとみられる。予想インフレ率(10年BEI)は2.313%(+1.3bp)へと上昇し、債券市場の実質金利は▲0.707%(▲2.5bp)へと低下。なお本日は7年債の入札が予定されている。
図1
図1
米国 イールドカーブ
米国 イールドカーブ
米国 イールドカーブ
米国 イールドカーブ
  • 為替(G10通貨)はUSDとJPYが強かった。USD/JPYは108後半で一進一退も、EUR/USDは1.18半ばへと下落。コモディティはWTI原油が61.2㌦(+3.4㌦)へと上昇した反面、銅は8977.5㌦(▲2.5㌦)へと低下。金は1733.2㌦(+8.1㌦)へと上昇した。安全資産「金」と景気の強さを反映する「銅」の相対価格は低下。ビットコインも軟調。
図2
図2
主要通貨の変動率(前日比)
主要通貨の変動率(前日比)
WTI原油・銅
WTI原油・銅

経済指標

・2月米耐久財受注は前月比▲1.1%と市場予想に反して減少。輸送用機器を除いたベースでも▲0.9%と弱く、国防資本財と航空機を除いたコア資本財も▲0.8%であった。何れの尺度も10ヶ月ぶりの減少だが、コア資本財受注の増勢は3ヶ月前比年率+12.7%と強く、前年比では+9.1%と高水準にある。製造業サーベイの強さに鑑みると先行きも高い伸びが期待される。

図3
図3
コア資本財受注
コア資本財受注
コア資本財受注・PMI
コア資本財受注・PMI

注目ポイント

  • 昨日発表された3月の日本、ユーロ圏、米国のPMIは何れも力強い結果であった。先進国経済は製造業の強さが続く下、サービス業の回復が加わることで、高成長を遂げる蓋然性が高まったと言える。
  • 日本の製造業PMIは52.0へと0.6pt改善して、2018年12月以来の高水準に回帰。自動車、IT関連財の需要好調が続いたとみられ、2ヶ月連続で50を上回った。生産(52.4→52.0)は低下するも、新規受注(52.1→52.2)が2018年10月以来の高水準へと上昇。雇用(49.7→49.3)は僅かに低下したが、中間財投入量を意味する購買品在庫(48.0→48.2)は上昇し、部品供給の滞りなどからサプライヤー納期(53.1→57.5)は大幅に上昇した。その他では新規輸出受注が50.9と2ヶ月連続で50超を記録したほか、受注残は51.0と2018年10月以来で初めて50を回復。アナリストの業績予想と方向感が一致する新規受注・在庫バランスは、僅かに低下も均してみれば基調は上向いている。このように製造業が力強く回復するなか、サービス業PMIも46.5へと小幅に改善。雇用は52.5と底堅さを増した。4月以降は首都圏を中心とする緊急事態宣言の解除によってサービス業の業況改善が期待される。
図4
図4
日本 製造業PMI
日本 製造業PMI
リビジョンインデックス・受注在庫バランス
リビジョンインデックス・受注在庫バランス
  • ユーロ圏製造業PMIは驚くほど強かった。ヘッドラインは62.4へと5.5pt改善して1997年の統計開始以来の最高点に到達。ドイツは66.6へと伸びを高め、フランスも58.8へと上昇。生産、新規受注、雇用が押し並べて強く、新規受注・在庫バランスは97.7を記録。自動車を中心に耐久財需要が根強いなか、設備投資再開の動きも強まっているとみられる。実際、ドイツの製造業受注では資本財受注が増加傾向にある。サービス業PMIは48.8と依然50を下回っているものの、水準は徐々に上向いている。
図5
図5
ユーロ圏 PMI
ユーロ圏 PMI
新規受注・在庫バランス
新規受注・在庫バランス
  • 最後、米国に目を向けると製造業PMIは59.0とパンデミック発生以降で2番目に高い水準であった。1月に支給された一人あたり600ドルの給付金が財消費に向かったことはハードデータで確認されているが、企業は1400ドルの給付金が刺激する需要に備え、在庫を積み増していると思われる。そうした中でサービス業PMIは60.0と80ヶ月ぶりの高水準を記録。コロナ感染状況が好転するなか、サービス消費の復調を映し出した。3月入り後はレストラン予約状況が回復力を増しているほか、飛行機による移動が増加するなど、経済正常化の勢いが増しつつあることが示されている。もっとも、金融市場目線では物価上昇圧力に注意したい。パウエル議長を筆頭にFED高官は、一時的な物価上昇を大きく取り扱わない姿勢を明確にしているが、実際の物価指標が上向いてくると、債券市場の予想インフレ率が高まり、それが名目金利に上昇圧力をかける可能性は十分にある。
図6
図6
米国 PMI
米国 PMI
米国 PMI販売価格
米国 PMI販売価格
レストラン予約状況・雇用
レストラン予約状況・雇用
空港利用状況(≒搭乗者数)
空港利用状況(≒搭乗者数)

藤代 宏一

藤代 宏一

ふじしろ こういち

経済調査部 主任エコノミスト
担当: 金融市場全般

執筆者の最新レポート

関連記事

関連テーマ

Recommend

おすすめレポート