米国 FRBが懸念している住宅部門の回復は依然鈍い(14年8月住宅着工件数) ~人手不足が制約要因だが、販売の拡大を背景に緩やかな増加傾向を維持する見込み~

桂畑 誠治

PDFのみでご提供させていただいております。
桂畑 誠治

かつらはた せいじ

経済調査部 主任エコノミスト
担当: 米国経済

執筆者の最新レポート

関連記事

関連テーマ

Recommend

おすすめレポート