英ジョンソン首相の命運は?

~与党議員の野党鞍替え、党重鎮からの辞任要求、党首不信任を求める書簡~

田中 理

要旨
  • 感染予防措置に違反する官邸主催パーティへの参加発覚以降、英国のジョンソン首相を取り巻く政治環境が一段と悪化している。19日には与党議員の野党への鞍替え、重鎮議員からの辞任要求、党首不信任を求める書簡の追加提出が相次いだ。来週にはパーティー参加を巡る内部調査の結果が公表され、近い将来に不信任投票の開始に必要な54通の書簡が集まるとの見方も浮上している。

コロナの感染予防措置に違反する首相官邸でのパーティー出席が発覚した後、英国のジョンソン首相を取り巻く政治環境は一段と悪化している。19日には2019年の総選挙で北部イングランドの選挙区で当選した与党・保守党議員が、野党・労働党に鞍替えすることを発表した。また、ブレグジット協議が開始された当初にEU離脱担当相を務め、保守党の重鎮議員であるデービス氏は同日、議会答弁の場で第二次世界大戦中にチェンバレン首相(当時)に辞任を要求した言葉を引用し、ジョンソン首相の退陣を求めた。

支持政党を問う世論調査は、昨年秋以降、労働党が保守党を逆転するものが目立ち始め、首相周辺で感染予防措置違反が相次いで発覚した昨年12月初旬以降、全ての調査で逆転した。ジョンソン首相のパーティー出席が発覚した以降は、労働党が10%ポイント程度にリードを広げている。5月に統一地方選を控え、保守党関係者からは党首交代なしに選挙を戦えないとの声も浮上している。

現地メディアは同日、「赤い壁」と呼ばれる労働党が長年牙城としてきた北部イングランドの選挙区で勝利した十数名の保守党議員が、ジョンソン首相の党首不信任を求める書簡を新たに提出したことを報じている。保守党の党首不信任投票は、同手続きを所管する非閣僚議員で構成される「1922年委員会」に、所属下院議員の15%(現在は54名)以上が不信任を求める書簡を提出した場合に開始される。所属下院議員の過半数が党首不信任に投票するか、ジョンソン首相が自ら辞任を決意する場合、後継党首の選任手続きが開始される。保守党は議会の過半数を確保しており、首相(党首)退任時も議会の解散・総選挙が行われることはない。ジョンソン首相は19日、不信任投票が実施される場合も、自ら党首を辞任する意向がないことを示唆した。

何通の書簡が提出されたかの途中経過は事前に公表されず、投票開始に必要な書簡が集まった段階で、同委員会を率いるブレーディー委員長がジョンソン首相(=保守党党首)を呼び出し、投票が開始される。現地メディアの観測は、今回の追加分を含めない段階で数名から40名以上の書簡が集まっているとバラツキがある(書簡は提出後に取り止めることも可能)。来週には首相官邸でのパーティーを巡る内部調査の結果が公表される予定で、その結果を待って書簡を提出するかを判断する議員もいるとされる。ジョンソン首相が政治生命の危機を乗り切れるか、暗雲が漂っている。

以上

田中 理

田中 理

たなか おさむ

経済調査部 主席エコノミスト
担当: 欧州・米国経済

執筆者の最新レポート

関連レポート

関連テーマ

Recommend

おすすめレポート