景気ウォッチャー調査(2022年4月)

~感染症の影響が和らぎ現状・先行きともに50 超も、物価上昇が懸念材料~

大柴 千智

こちらのレポートについては、PDF形式によるご提供となっております。
右上にある「PDF閲覧のアイコン」をクリックしてご覧下さい。
大柴 千智

おおしば ちさと

経済調査部 副主任エコノミスト
担当: 日本経済短期予測

執筆者の最新レポート

関連レポート

関連テーマ

Recommend

おすすめレポート