グローバル経済『各国経済の6ヶ月見通し』(2021年10月号)

目次

Ⅰ.各国経済の6ヶ月見通し

各国経済の6ヶ月見通し
各国経済の6ヶ月見通し

Ⅱ.街角の声(内閣府「8月景気ウォッチャー調査」より)

8月は現状判断DIが前月差▲13.7pt、先行き判断DIが同▲4.7ptの低下となった。8月は感染症拡大局面であったことと、緊急事態宣言の適用地域が全国的に拡大したことにより、飲食業やサービス業を中心に、現状判断DIは大幅に低下した。先行き判断DIについても、これまでのワクチン接種の進展による過度な期待が落ち着き、足元の感染拡大が懸念材料となったことで7月から低下となった。緊急事態宣言延長の可能性や、国内外での感染動向など、先行き不透明感は強い。

(副主任エコノミスト:大柴 千智)

景気判断理由集(先行き)のワードクラウド
景気判断理由集(先行き)のワードクラウド

Recommend

おすすめレポート