鉱工業生産指数(2022年2月)

~自動車を中心に生産指数は上昇するも、下振れリスクには警戒が必要~

小池 理人

こちらのレポートについては、PDF形式によるご提供となっております。
右上にある「PDF閲覧のアイコン」をクリックしてご覧下さい。
小池 理人

こいけ まさと

経済調査部 主任エコノミスト
担当: 日本経済短期予測、観光経済

執筆者の最新レポート

関連レポート

関連テーマ

Recommend

おすすめレポート