2024年1-3月期GDP(1次速報値)

~自動車減産が響き大幅マイナス成長。先行きは回復を見込むも、加速感は出ず~

新家 義貴

要旨
  • 2024年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率▲2.0% と2四半期ぶりのマイナス成長。事前予想下振れだが、予想の範囲内でサプライズは無し。
  • マイナス成長の主因は認証不正問題に伴って生じた自動車の大幅減産。個人消費、設備投資、輸出等、幅広い需要項目に悪影響が及んだ。加えて、23年10-12月期のGDPを一時的に押し上げたサービス輸出において、大口要因の剥落が生じたことも成長率の押し下げ要因に。
  • 先行きは緩やかな持ち直しを予想。自動車生産は正常化に向かっており、4-6月期は増産に転じる。個人消費や輸出等で反発が予想され、4-6月期はプラス成長に。年後半には実質賃金もプラス転化し、個人消費も緩やかに持ち直すだろう。低迷していた内需が持ち直すことで、景気は回復に向かう。
  • もっとも、物価上昇による実質購買力の抑制が消費の頭を押さえる状況は残る。今後、電気代・ガス代が大幅上昇することに加え、円安によるコスト増の価格転嫁により物価が高止まる可能性がある。個人消費の回復ペースは緩やかなものにとどまるとみられ、景気に加速感が出るには至らない。
こちらのレポートについては、PDF形式によるご提供となっております。
右上にある「PDF閲覧のアイコン」をクリックしてご覧下さい。

本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命保険ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。

新家 義貴

しんけ よしき

経済調査部・シニアエグゼクティブエコノミスト
担当: 日本経済短期予測

執筆者の最新レポート

関連レポート

関連テーマ