新型コロナと消費者意識

~間もなくコロナ禍2年、人々は経済・消費をどう考える~(第4回 新型コロナ生活調査)

宮木 由貴子

要旨

コロナ禍の健康・お金・つながりへの不安感の推移

コロナ禍の健康・お金・つながりへの不安感はいずれも減少傾向。
 全体的に男性より女性で不安が高い傾向は変わらず。

感染拡大予防と経済活動に対する意識の推移

「新型コロナウイルス感染拡大を防止しながら、経済活動も回していかなければならないと思う」とする人が増加傾向。特に年代の高い女性において、その意識が顕著。

「国内自給率」「外国人による国内消費」への考え方

「食品や日用品の自給率アップ」「外国人に頼らない国内経済」については、昨年9月に危機感がいったん下がるも、1年後の9月には再度上昇。長引くコロナ禍に警戒か。

利他的消費に関する考え方の推移

「新型コロナウイルスの影響で困っている事業者の商品・サービスを買いたい・買うようにしている」とする人は6割強。
 8割弱が「自分さえよければいいという消費行動はとりたくない」と回答。

利他的消費と幸福度得点

「新型コロナウイルスの影響で困っている事業者の商品・サービスを買いたい・買うようにしている」「自分さえよければいいという消費行動はとりたくない」とする人では、幸福度得点が高い。

健康・お金・つながり不安と消費意識

健康・お金・つながりへの不安と消費行動に関連性がみられる。
 お金への不安感だけでなく、つながりへの不安感が消費行動に影響。

コメント

参考資料

詳細につきましてはPDFをご覧下さい。

また、レポート一覧のページ「新型コロナ(生活)」も併せてご参照ください。


【関連レポート】

宮木 由貴子

宮木 由貴子

みやき ゆきこ

ライフデザイン研究部長 ・主席研究員
専⾨分野: 消費スタイル、消費者意識、コミュニケーション、自動運転の社会的受容性醸成

執筆者の最新レポート

関連記事

関連テーマ

Recommend

おすすめレポート