インド・インフレは鈍化も、食料インフレに懸念(Asia Weekly(5/10~5/17))

~オーストラリアは失業率悪化も雇用拡大が続き、労働需給も引き締まった展開が続く~

西濵 徹

要旨

-インド インフレ率はわずかに鈍化も、食料インフレに加え、幅広くインフレ圧力が強まる兆候は続いている -オーストラリア 地域ごとに跛行色も労働市場への参入意欲は依然高く、労働需給は引き締まった状況が続く -韓国 失業率は横這いで推移も、高齢層を中心に参入意欲は高い一方、若年層の雇用環境は依然厳しい -インドネシア 輸出入ともに前年比の伸びはプラスに転じるも、基調としてはともに頭打ちの動きを強めている -フィリピン 海外移民送金に頭打ちの兆し、ペソ安による押し上げも乏しく、内需の足かせとなる懸念はくすぶる -シンガポール 国際原油価格の底入れの動きが輸出入双方を押し上げており、貿易黒字幅は縮小

こちらのレポートについては、PDF形式によるご提供となっております。
右上にある「PDF閲覧のアイコン」をクリックしてご覧下さい。

本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命保険ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。

西濵 徹

にしはま とおる

経済調査部 主席エコノミスト
担当: アジア、中東、アフリカ、ロシア、中南米など新興国のマクロ経済・政治分析

執筆者の最新レポート

関連レポート

関連テーマ