【1分解説】メンタルヘルス対策とは?

城石 和秀

  音声解説

メンタルヘルス対策とは、字義どおり、心の健康を保持・増進するための取り組みです。従業員のメンタルヘルスに関する企業の義務は、近年、大きくなってきています(資料)。

かつて、企業の労働者に対する安全配慮義務は、労働時間の規制や作業環境の整備などに主眼が置かれ、心の健康対策は企業の自主的な取り組みに委ねられていました。しかし、労働環境に起因する自殺などが社会問題化したこともあり、最近では心の病に対する義務も具体的なものになっています。

2015年に改正された「労働者の心の健康の保持増進のための指針」(策定は2006年)では、同年12月より義務化されたストレスチェック制度(50人未満の事業場は努力義務)の重要性、メンタルヘルスに関する個人情報の取扱いの厳格化、心の健康に関する情報を理由とした不利益な取扱いの防止などが明記されています。

その後も、労働安全衛生法の改正や関連する指針の公表などにより、企業には労働時間の把握、メンタルヘルス不調などの健康リスクの高い労働者を見逃さないための面接指導などの措置が求められるようになりました。

企業は、従業員の心の健康問題の発生過程には個人差が大きいことを十分に理解し、実態に即したきめ細かな対応を図っていくことが重要です。

図表1
図表1

この解説は2023年12月時点の情報に基づいたものです。

城石 和秀


本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命保険ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。