声や画面で家族とつながる時間への意識 ~第3回新型コロナウイルス調査から~

北村 安樹子

要旨
  • 家族・親族間でも依然続く対面機会の自粛傾向

  • 約半数が「声や画面でつながる時間」の重要性を実感

  • 声や画面でつながる時間が強める対面志向

詳細につきましてはPDFをご覧下さい。

また、レポート一覧のページ「新型コロナ(生活)」も併せてご参照ください。

北村 安樹子

北村 安樹子

きたむら あきこ

ライフデザイン研究部 主任研究員
専⾨分野: 家族、ライフコース

執筆者の最新レポート

関連レポート

関連テーマ

Recommend

おすすめレポート