1分でわかるトレンド解説 1分でわかるトレンド解説

【1分解説】AZECとは?

加藤 大典

  音声解説

AZECとはアジア・ゼロエミッション共同体(Asia Zero Emission Community)の略で、脱炭素化を推進するアジア諸国による枠組みであり、エーゼックと読みます。岸田首相が2022年1月の施政方針演説でAZEC構想を提唱しました。その後、2023年3月にAZEC閣僚会合で立ち上げ、同年12月に首脳会合を初開催し、AZECの原則や協力の方向性を示す首脳共同声明を採択しました。

AZEC構想は、日本の技術、制度、ノウハウを活かし、アジアの脱炭素化に貢献し、技術標準や国際的なインフラ整備をアジア各国と共に主導していこうというものです。AZEC原則では、「特にイノベーションを通じ、経済成長、エネルギー安全保障、脱炭素化を促進する」「多様な道筋によるネットゼロがある」「多様なエネルギー源と技術の活用が重要である」としています。

AZECに対する日本からの支援として、再エネ、省エネ、水素、アンモニア、CCUS(CO2の分離・回収・貯留・利用技術)等のプロジェクトに対する資金支援(2030年まで最大80億ドル)、エネルギー・ロードマップの支援、脱炭素技術の開発・実証・普及、人材育成を行うとしています。

AZECパートナー国は、2024年4月現在、オーストラリア、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、日本、ラオス、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの11か国です。

この解説は2024年5月時点の情報に基づいたものです。

加藤 大典


本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命保険ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。