コロナ下での別居家族との対面機会

~約8割が依然自粛、会った人の7割も迷いながら会った1年~

北村 安樹子

要旨

家族、他者との対面行動の自粛状況

別居する家族がいる人の約8割が、会うことを依然自粛。
 他者を自宅に招くのを控えている人も約9割。

過去1年間の対面状況と会った場所

約7割が「会った」一方、約3割は「一度も会っていない」。
 会った場所は「相手の自宅(玄関先、庭先等を含む)」(60.0%)が最多。

別居する家族と会った理由

最も多い理由は「物の受け渡しなど、必要な用事があったから」(41.8%)。
 安否確認や手助け、付き添いなどの理由で会った人は約3割。

別居家族との対面時の対策

「互いの感染や周囲への感染予防に気をつけて会った」人が8割強。
 男性より女性の方が、感染予防を意識。

別居家族と会うことをめぐる迷い

会った人の約7割が「コロナ下のため会ってよいか迷った」。
 安否確認や手助け、付き添いなどの理由で会った人も約7割が迷った。

コメント

参考資料

詳細につきましてはPDFをご覧ください。

また、レポート一覧のページ「新型コロナ(生活)」も併せてご参照ください。

北村 安樹子

北村 安樹子

きたむら あきこ

ライフデザイン研究部 主任研究員
専⾨分野: 家族・ライフコース

執筆者の最新レポート

関連記事

関連テーマ

Recommend

おすすめレポート