米国 需要の鈍化と暖冬効果の剥落により減少持続(06年4月住宅着工件数) ~許可、建築中、未着工件数は高水準を維持しており目先緩やかな減少が見込まれる~

桂畑 誠治

こちらのレポートについては、PDF形式によるご提供となっております。
右上にある「PDF閲覧のアイコン」をクリックしてご覧下さい。
桂畑 誠治

かつらはた せいじ

経済調査部 主任エコノミスト
担当: 米国経済

執筆者の最新レポート

関連レポート

関連テーマ

Recommend

おすすめレポート